熱中症にお気をつけください


猛暑日が続く厳しい梅雨明けになりました。

“涼”を求めて海やダイビングが恋しい毎日です。

ダイビングは水中こそ涼しく過ごせる活動ですが、陸上では熱中症にお気をつけください。



熱中症は3つの要因により、汗や皮膚で温度調整ができないことで引き起こされます。

【環境】高温、多湿、無風など

【身体】高齢、肥満、睡眠不足、水分不足、食事抜きなど

【行動】激しい運動、慣れない運動、長時間の運動(作業)、水分補給しにくい状況など


ダイビング活動に参加する際は以下の点にご留意ください。

・前日は十分な睡眠をとって、飲酒は控えめにしましょう。

・当日は体調を万全にしてご参加ください。

・朝食を抜くと塩分等の栄養が不足します。“酔い”が心配な方も軽めの食事を。

・長距離移動の車内でもこまめに水分&塩分補給をしましょう。

・通気性の良い服装や帽子を着用しましょう。

・可能な限り日陰で過ごしましょう。

・人との距離をとるか、会話をひかえて衛生用マスクをはずしましょう。

・ダイビングの前に準備運動をしましょう。

・どのような状況(講習やブリーフィング中)でも、水分&塩分補給は自由に行ってください。

・ダイビングスーツを着たら、まずは体を濡らしましょう。

・体調の悪化を感じたら引率のスタッフに申し出てください。


特にダイビングスーツは体温上昇や血流の妨げなど、身体への負担が大きいと考えてください。

それを低減するには、ダイビングスーツを着たらシャワーや浅瀬で体を十分に濡らすことです。

頭から水をかぶるだけではなく、“全身を濡らすこと”をしっかり行ってください。

“少しの時間なら大丈夫”と考えがちですが、器材装着、バディチェック、歩いてエントリーへ向かい、

マスクとフィンを装着して入水するまで、思いのほか時間がかかるものです。(ボートダイビングでは尚のこと)


熱中症が疑われる場合(めまい、けいれん、だるさ、吐き気、頭痛など)

・涼しい場所、通気性の良い服装、うちわ等で風を当てながら安静にする

・水分と塩分を摂取する(経口補水液、スポーツドリンクがよい)

・深部体温を下げることを目的に、首、脇、足のつけ根を冷やす

・自分で水分補給ができなかったり、意識障害が見られたら救急搬送する



これから暑い日が続きますが熱中症に気をつけて、ダイバーならではの“海涼み”を楽しみましょう。

皆さまのご協力のほど、よろしくお願いいたします。


スクール説明会